250SXイーストランキング首位、公式予選で3位につけていたオースティン・フォークナー(カワサキ)が、アタック中に重ねた転倒でヒザを負傷したため、ヒートレースへの出走を見合わせた。ポイントリーダーのDNSという事態に、250SXの上位ランカーたちは色めき立った。
250SXのメインレース(15分+1周)では、ホールショットのジャスティン・クーパー(ヤマハ)とセクストンの間で、激しい先陣争いが繰り広げられた。オープニングラップ半ばでセクストンが前に出ると、すかさずクーバ-が逆襲。コーナーで絡んだ両者が転倒し、クーパーは8位、セクストンは16位で復帰した。
ツートップのクラッシュでトップに立ったのは、マーティン・ダバロス(カワサキ)。後続のミッチェル・フォーク(KTM)、ブランドン・ハートランフト(ヤマハ)、カイル・ピータース(スズキ)を引き離し、早々とセーフティリードを築いた。ダバロスの独走が固まる一方で、セクストンの猛追撃が観衆の視線を集める。5周目に5位まで挽回した後、セクストンは中盤にフォーク、ハートランフト、ピータースを立て続けに攻略。しかしトップ争いまでは届かず、ダバロスに続く2位でチェッカーを受けた。
ダバロスは2016年フォックスボロ以来、3年ぶりとなる優勝を手中に収めた。セクストンが勝てば同点で首位に並ぶところだったが、フォークナーは辛うじてポイントリーダーの座を維持。2位セクストン(3点差)、3位クーパー(7点差)を含め、タイトル争いは三つ巴の様相を呈している。


250SXResult

 順位 ライダー チーム マシン タイム
1 73 M・ダバロス Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 16:18.566 Dunlop ユーザー
2 23 C・セクストン Geico Honda Honda +03.508 Dunlop ユーザー
3 32 J・クーパー Monster Energy Yamalube Star Yamaha +08.575 Dunlop ユーザー
4 55 K・ピータース JGRMX Yoshimura Suzuki +13.091 Dunlop ユーザー
5 45 B・ハートランフト Cycle Trader Rock River Yamaha +18.721 Dunlop ユーザー
6 66 M・オールデンバーグ Monster Energy Yamalube Star Yamaha +25.305 Dunlop ユーザー

Photo gallery