COVID-19パンデミックに対応した無観客レース7連戦は、順調に消化してきた今、最終章に差しかかっている。当初はNBCテレビのライブ放送枠に合わせるため、炎天下のレースがあったかと思えばメインレース終了が23時というケースもあったが、このところは17時にヒートレースが始まるイブニングプログラムが定着している。今回のソルトレイクシティ6も同様だが、フリープラクティスがキャンセルされたことが相違点だ。
前戦ソルトレイクシティ5が行われた日曜からこの水曜まで、コース造成にかけられる時間は正味2日半しかなかったが、今回は火曜の夜に強い雨が降ったこともあって、コースの大半は前戦のレイアウトを踏襲したものとなった。そのため450SXクラスではテクニカルなセクションに対するライダーの習熟度が高く、タイムアタックは僅差でしのぎを削る接戦だった。
クオリファイング(10分×2回)で最速だったのは、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)450SX=43秒246、チェイス・セクストン(ホンダ)250SX=43秒673。当初は路面がウェットだったが、2回目のセッションが行われる前にコース整備が行われたことと、徐々にラインがきれいなバンクになってきたことで、ベストラップタイムはほとんど終盤に記録された。
450SXのメインレース(20分+1周)では、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)がホールショットを取った。続くトップグループには、ジャスティン・ブレイトン(ホンダ)、ジャスティン・ヒル(ホンダ)、クーパー・ウェブ(KTM)、ケン・ロクスン(ホンダ)。ポイントリーダーのイーライ・トマック(カワサキ)は、1コーナー最後尾と出遅れた。
トマックはロクスンに対し24点、ウェブに対し25点差をつけて今大会に臨んでいたが、ここでリードを26点に広げることができれば、最終戦を待たずにチャンピオン決定というシチュエーション。しかし、オープニングラップ12位からの挽回は大きなハンディとなった。9周目には5位まで這い上がったトマックは、中盤にアンダーソンとロクスンをかわして3位に浮上。終盤はオズボーンを先頭にウェブ、トマック、ロクスンも含めたバトルが激しくなったが、23周目の攻防でウェブがトップに立ち優勝。トマックは2位に食い込んだが、タイトルは最終戦に持ち越しとなった。
Photo: Feld Entertainment, Inc.


450SXResult

順位 選手名 チーム マシン タイム
1位 1 C・ウェブ Red Bull KTM KTM 21:11.148 Dunlop ユーザー
2位 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +02.214 Dunlop ユーザー
3位 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +05.291 Dunlop ユーザー
4位 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda +05.888 Dunlop ユーザー
5位 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +07.744 Dunlop ユーザー
6位 10 J・ブレイトン Team Honda HRC Honda +21.078 Dunlop ユーザー