週2戦ペースで開催されてきた無観客イベントが、ついに最終戦を迎えた。ソルトレイクシティ7では、450SXのみならず250SXイースト、250SXウエストのタイトル争いが持ち込まれているので、3人のチャンピオンが誕生する。
今大会のコースレイアウトは、最終戦に相応しく密度の高いものになった。中央寄りに移設したスターティングゲートの裏側にもコースを配したため、全長としてはソルトレイクシティ7連戦の中で最も長くなったが、リズムセクションやドラゴンズバックなどの要素が詰まっているため、気を抜ける部分が少ない。またスタートからのストレートが短く、1コーナーが比較的タイトなヘアピンになっているので、スタート直後の接触やクラッシュの発生が予想された。
早朝から始まったプラクティスでは、50秒台だったラップタイムだが、クオリファイングセッションではさらに記録が削られる。最速タイムをマークしたのは、イーライ・トマック(カワサキ)450SX=49秒438、チェイス・セクストン(ホンダ)250SXイースト=48秒735、ディラン・フェランディス(ヤマハ)250SXウエスト=48秒346。各クラスのポイントリーダーが、ヒートレースのグリッド選択権における優位を得た。
450SXのメインレース(20分+1周)では、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)がホールショットを取ったが、ディーン・ウィルソン(ハスクバーナ)とケン・ロクスン(ホンダ)が先行。トマックは10位、クーパー・ウェブ(KTM)は14位と出遅れた。ロクスンは1周目の転倒で、2位から8位まで後退した。
7周目には上位集団の中で順位が入れ替わり、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、オズボーン、ウィルソンがトップスリーを独占する。その後方では、序盤から好位置につけていたベニー・ブロス(KTM)に替わって、マルコム・スチュワート(ホンダ)が4位に浮上。終盤になってアンダーソンのシートが脱落するハプニングにより、オズボーンがトップに立ってそのまま初優勝。アンダーソン、ウィルソンを含めたハスクバーナが、1-2-3フィニッシュを達成した。
ポイントリーダーのトマックは、5位でチェッカー。ランキング2位のウェブは8位にとどまり、トマックの初タイトルが確定した。AMAプロモトクロスでは450クラス3連覇中のトマックだが、近年のスーパークロスでは無冠だった。2012年に250SXウエストを制覇して以来、450SXでは初めてのチャンピオンシップ。このトマックの勝利によって、ダンロップのシリーズタイトルは11連覇となった。
Photo: Feld Entertainment, Inc.


450SXResult

順位 選手名 チーム マシン タイム
1位 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 21:43.730 Dunlop ユーザー
2位 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +03.063 Dunlop ユーザー
3位 15 D・ウィルソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +05.369 Dunlop ユーザー
4位 27 M・スチュワート Smartop Motoconcepts Honda +07.481 Dunlop ユーザー
5位 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +12.750 Dunlop ユーザー
6位 20 B・ティックル JGRMX Yoshimura Suzuki +17.938