チェコ戦の翌週、第11戦オーストリアを迎えた。
レッドブルリンクは、約4.3キロの高速コース。
ダンロップは、前戦と同じフロントにミディアム2、リアにソフト1、ミディアム3を用意した。
初日は雨に見舞われたが、予選はドライ・コンディションで行われた。
ベテランのM・パシーニ選手(KALEX)が僅かにコンマ001秒差で、2戦連続のポール・ポジションを獲得した。「2戦連続のポールなんて最高だね。明日はトップ5以上を狙っていきたい。最初の2つのコーナーが重要だね」とパシーニ選手。
続いて、首位のF・モルビデッリ選手(KALEX)が2位、A・マルケス選手(KALEX)が3位となる。
また、ランキング2位で前戦のウィナー、T・ルティ選手(KALEX)は5位2列目となる。
中上貴晶選手(KALEX)は12位、長島哲太選手(KALEX)は20位となった。
中上選手は「少しずつ状態はよくなっている。タイヤはソフト、ハードともいいフィーリングですが、ソフトを選ぶと思います。明日の朝のウォーム・アップでさらに状態を上げていきたい」とコメント。
長島選手は「6、7コーナーがうまく攻略できていない。明日の朝のウォーム・アップで再度調整したいです」と語った。

決勝レースがスタートすると、モルビデッリ選手がホールショット。ルティ選手、パシーニ選手、マルケス選手が後ろから続き、この4台がトップ集団を形成する。
トップのモルビデッリ選手は逃げ切りを図るが、後ろからマルケス選手、ルティ選手が僅差で続き、パシーニ選手は徐々に遅れて単独4位となっていく。
レース中盤、トップ争いはモルビデッリ選手、マルケス選手、ルティ選手の3台が僅差の戦いを展開していく。
モルビデッリ選手はトップを守っていくが、引き離すことはできない。
そして、終盤に入ると、トップのモルビデッリ選手は少しずつリードを広げていく。後方では、ルティ選手、マルケス選手にM・オリヴィエーラ選手(KTM)が追いついて3台が2位争いを始める。
ところが、残り5周というところでオリヴィエーラ選手は転倒してしまう。
終盤になると、モルビデッリ選手は約1秒のリードを広げてラスト・スパート。そのまま後続を寄せ付けずに今季7勝目を達成した。
マルケス選手が2位、ルティ選手が3位となった。
この結果、首位のモルビデッリ選手と2位ルティ選手の差は、26点に広がった。
また、中上選手は6位。長島選手はスタート直後の多重クラッシュに巻き込まれながらも追い上げて、12位に入った。

PhotoGallery


優勝 F・モルビデッリ選手(KALEX)

「先週のブルノは残念な結果に終わっていたから、勝ててうれしい。初日は転倒して、出だしが遅れてしまったが、チームががんばってくれた。優勝に向けて素晴らしいパッケージを用意してくれたので、自分自身はいい成果を出すことに集中した」

2位 A・マルケス選手(KALEX)

「今日のレースはすごく楽しかった。特にルティ選手とのバトルが楽しかった。 レース終盤になってモルビデッリ選手に仕掛けるチャンスがあったが、第3コーナーで小さなミスがあり、差が開いてしまった。こうして表彰台に立つことができてうれしいです」

3位 T・ルティ選手(KALEX)

「マルケス選手とは、お互い自分の方がわずかに速いと考えていたと思う。優勝に向けてモルビデッリ選手に追いついて、最終ラップで3人のバトルを展開するんだと、まったく同じことを考えていたと思う。レース・ウイークの初日から第3コーナーでスピンするというトラブルを抱えていて、レース中はマルケス選手にばれないように、毎周のように少しリスクを負わなくてはならなかった。モルビデッリ選手とのポイント差が付いてしまったが、チャンピオンシップはまだ先が長い。モルビデッリ選手に勝つことは大変ですが、まだこれから何が起こるか分からないからね」

6位 中上貴晶選手(KALEX)

「ウォーム・アップでセッティングがよくなり、前進することが出来た。今日はスタート直後の1コーナーで多重クラッシュがあり、そのためトップ・グループから離されてしまった。それからはスリップを使えないし、トップ・グループに追いつくことも不可能だった。タイム的には悪くなかったし、6位になれたので、今日の結果をポジティブに受け止め、次のシルバーストーンでは、また表彰台に立てるようなレースにしたい」

12位 長島哲太選手(KALEX)

「今日はすごくいい走りが出来た。スタート直後の多重クラッシュでコース・アウトしてしまい、ほぼ最後尾になって、それから追い上げていった。それがなければ、今日は絶対にシングルでフィニッシュ出来たと思う。それだけに、今日はベスト・リザルトとは言っても、ちょっと悔しい結果です。こういうレースをすると、あらためて予選の重要性を感じます。次戦はフリー走行、予選をしっかり走って決勝に挑みたい」


MOTO2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 M.Pasini Italtrans Racing Team KALEX '39.30.974 Dunlop ユーザー
2位 T.Luthi CarXpert Interwetten KALEX '39.31.026 Dunlop ユーザー
3位 A.Marquez EG 0,0 Marc VDS KALEX '39.31.110 Dunlop ユーザー
24位 長島哲太 Teluru SAG Team KALEX '40.11.460 Dunlop ユーザー

MOTO2Point

順位 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 F.Morbidelli EG 0,0 Marc VDS KALEX 207 Dunlop ユーザー
2位 T.Luthi CarXpert Interwetten KALEX 181 Dunlop ユーザー
3位 A.Marquez EG 0,0 Marc VDS KALEX 153 Dunlop ユーザー

※第11戦終了時点