第12戦の舞台は、5.9キロの高速コース、シルバーストーンで行われるイギリス・ラウンド。
ダンロップは、フロントにいつものミディアム2、リアにはアッセンと同じミディアム3、ハード4を供給した。
ドライ・コンディションで行われた予選では、ベテランのM・パシーニ選手(KALEX)が3戦連続のポール・ポジションを獲得した。
「夏休みにがんばって取り組んできた成果だと思う。高いレベルでマシンを走らせることができて、最高の気分です。明日は表彰台争いできるようにがんばります」とパシーニ選手。
続いて、2位にA・マルケス選手(KALEX)、3位に首位のF・モルビデッリ選手(KALEX)が続く。
中上貴晶選手(KALEX)は4位2列目となった。
「コーナーの立ち上がりで、アクセルを開け始めたときの旋回性に課題を抱えていたが、予選でそれもほぼ解消した。特に高速コーナーの立ち上がりでとてもよくなった。今回は優勝を狙える圏内にいると思う」と中上選手。
また、長島哲太選手(KALEX)は25位につけた。
「予選3周目に、蜂に首を刺されてしまい、あまりの痛みにピットに戻った。簡単な治療を受けて、再びコースに戻ったが、なかなかリズムをつかめず、2周目のベスト・タイムを更新できなかった。明日は追い上げたい」と長島選手はコメントした。

決勝当日は、快晴に恵まれた。
スタートが切られると、マルケス選手がホール・ショット。中上選手、モルビデッリ選手、パシーニ選手などが続く。
トップのマルケス選手がレースをリード。2位にモルビデッリ選手が続き、パシーニ選手、中上選手、T・ルティ選手(KALEX)が3位争いを展開する。
レース中盤になると、マルケス選手とモルビデッリ選手がトップ争いを展開。
中上選手は単独3位となり、ルティ選手、パシーニ選手、M・オリヴィエーラ選手(KTM)が4位を争っていくが、オリヴィエーラ選手はコースアウトして後退する。
そして、11周目にトップのマルケス選手が転倒してしまう。
これでトップはモルビデッリ選手となり、中上選手とトップ争いを開始。ルティ選手とパシーニ選手が3位争いとなる。
そして12周目、中上選手はモルビデッリ選手を抜き去りトップに浮上、逃げ切りを図る。
モルビデッリ選手は単独2位、パシーニ選手とルティ選手が3位を争っていく。
レース終盤、中上選手は1秒半のリードを奪う。モルビデッリ選手はパシーニ選手に追いつかれて2位争いとなり、残り2周目でパシーニが前に出る。
中上選手は、そのままトップを守り切り今季初優勝を達成した。
続いてパシーニ2位、モルビデッリ選手は3位でゴールした。ルティ選手は4位。首位のモルビデッリ選手とルティ選手の差は29点に広がった。
また、長島選手は19位に入っている。

PhotoGallery


優勝 中上貴晶選手(KALEX)

「先週、もてぎで来年のMotoGP参戦を発表して、多くの人が自分の走りに注目していた。そういう中で優勝することができたのでとても満足している。昨年のオランダの優勝は赤旗中断での優勝だったので、今回が初めてチェッカーを受けて優勝できた。マルケス選手が転んでからモルビデッリ選手のペースが落ちたので、抜けると思った。この走りを次戦サンマリノでも続けたい」

2位 M・パシーニ選手(KALEX)

「スタートでウイリーをして、マルケス選手とぶつかりそうになりタイムロスした。その遅れを取り戻し、トップ・グループに戻ろうと全力を尽くした。最後の数周は、トップとのギャップを縮めるために全てのことを試したが、届かなかった。優勝はできなかったが、次戦サンマリノGPがとても楽しみです」

3位 F・モルビデッリ選手(KALEX)

「マルケス選手が転倒してトップに立ってから、ペースを維持するのが難しかった。中上選手にパスされてからは、表彰台とポイント獲得を確実にすることにした。Moto2クラスではどんなことでも起こるので、この先のレースもアタックし続けなければならない。今日のポイント獲得でルティ選手との差を広げることができたのはよかった」

19位 長島哲太選手(KALEX)

「スタートと1周目にポジションを落としたのが痛かった。それ以降はポイント圏内の選手たちと同じペースで走れていた。予選よりも早いラップ・タイムを出せたのはよかった。今回も初日のフリー走行でいいペースを掴めず、それが土曜日、そして日曜日の決勝に影響したと思う。本当に金曜日のフリー走行の重要さを痛感します」


MOTO2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 中上貴晶 IDEMITSU Honda Team Asia KALEX '38.20.883 Dunlop ユーザー
2位 M.Pasini Italtrans Racing Team KALEX '38.21.607 Dunlop ユーザー
3位 F.Morbidelli EG 0,0 Marc VDS KALEX '38.23.56 Dunlop ユーザー
19位 長島哲太 Teluru SAG Team KALEX '38.51.563 Dunlop ユーザー

MOTO2Point

順位 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 F.Morbidelli EG 0,0 Marc VDS KALEX 223 Dunlop ユーザー
2位 T.Luthi CarXpert Interwetten KALEX 194 Dunlop ユーザー
3位 A.Marquez EG 0,0 Marc VDS KALEX 155 Dunlop ユーザー

※第12戦終了時点