• 天気:雨時々曇り
  • 気温:18度
  • 観客:(2日間)3,800人

IA-1

深谷広一選手がヒート1で3位。小方誠選手は両ヒート総合3位

  • 天気:雨時々曇り
  • 気温:18度
  • 観客:(2日間)3,800人

年間8戦で競われる全日本モトクロス選手権シリーズの今季第4戦が、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。今大会は、梅雨前線の影響などで両日とも悪天候。土曜日は断続的に雨が降り続き、日曜日も日中は細かい雨が降る時間がかなり長くなった。このため路面は、泥が重めのマディコンディションとなり、各クラスとも転倒やスタックするマシンが続出。タフなレースが繰り広げられた。ふたつの丘にまたがるように、自然のアップダウンを生かしてレイアウトされたコースは、昨春の全日本前に大幅なリニューアルが施されていて、今大会はそのレイアウトを踏襲。ただしレディスクラスの決勝は、コースを大幅にショートカットして実施された。また、各クラスとも決勝レース時間が通常よりも短縮された。

4スト450ccマシンで競われる全日本最高峰クラスのIA1は、通常よりも5分短縮された25分+1周の決勝レース。そのヒート1では、深谷広一選手(#51)が1周目3番手の好位置につけた。深谷選手は、トップ争いの2台からは離されてしまったが、後続を離して順位をキープ。2番手の選手が転倒で遅れたことから、一時はその背後に迫り、逆転には至らなかったがそのままのポジションでチェッカーを受け、3位表彰台に登壇した。また、ランキング3番手で今大会を迎えた小方誠選手(#4)は、レース序盤に4番手を走行する北原岳哲選手(#41)をマーク。5周目に小方選手は1台の先行を許したが、残り3周となった9周目に北原選手をパスして、小方選手が5位、北原選手が6位でフィニッシュした。

決勝ヒート2では、午前中のヒート1を9位で終えた岡野聖選手(#8)がホールショット。岡野選手は、1周目を3番手でクリアした。一方、深谷選手はスタート直後に転倒を喫し、ほぼ最後尾からの苦しいレース。小方選手は、4番手争いに加わる6番手でのレーススタートとなった。序盤、岡野選手はトップ2台に離されながらも3番手を守っていたが、5周目に転倒を喫して6番手に後退。その背後に小方選手が迫った。翌周、3番手を走っていた選手が転倒して後退。これで岡野選手が4番手、小方選手が5番手に浮上すると、7周目には小方選手が岡野選手をパスした。そして13周のレースを、小方選手が4位、岡野選手が5位でフィニッシュ。深谷選手は8位となり、両ヒート総合成績では小方選手が3位となった。


IA-1 ヒート1Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `29.16.035
2位 山本 鯨 Team HRC HONDA `30.01.127
3位 深谷 広一 SRF Team SBE SUZUKI `30.05.017 Dunlop ユーザー
5位 小方 誠 Kawasaki Team GREEN KAWASAKI `30.45.825 Dunlop ユーザー
6位 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `30.58.994 Dunlop ユーザー
7位 安原 志 グリーンクラブ八尾カワサキ ANNEX KAWASAKI `31.27.100 Dunlop ユーザー

IA-1 ヒート2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `29.25.662
2位 山本 鯨 Team HRC HONDA `29.30.436
3位 大塚 豪太 T.E.SPORT HONDA `30.49.764
4位 小方 誠 Kawasaki Team GREEN KAWASAKI `31.00.859 Dunlop ユーザー
5位 岡野 聖 TEAM YAMALUBE YAMAHA RACING YAMAHA `31.04.856 Dunlop ユーザー
6位 安原 志 グリーンクラブ八尾カワサキ ANNEX KAWASAKI `31.07.749 Dunlop ユーザー


IA-2

平田優選手が総合トップ。大倉由揮選手がヒート2優勝!

4スト250ccマシンが参戦するIA2クラスの決勝も、IA1と同様に25分+1周に短縮して実施された。ヒート1では、手操将志選手(#49)が1周目2番手の好位置を確保。しかし手操選手は、6周目にミスで大きく後退した。代わりに2番手へ浮上したのは、1周目5番手から追い上げてきた平田優選手(#81)。しかしこの段階で、トップとは約27秒の差となっており、平田選手はそのまま順位をキープして、11周のレースを2位でゴールした。レース終盤、瓜生大喜選手(#66)やポイントリーダーの横山遥希選手(#386)、浅井亮太選手(#42)らが僅差の4位争いを展開。9周目には浅井選手が一気に3ポジションアップしてこの先頭に立ったが、翌周に転倒で順位を下げ、瓜生選手が5位、横山選手が6位となった。

決勝ヒート2では、平田選手がホールショット。横山選手と、ヒート1は2度の転倒で10位に終わった大倉由揮選手(#36)が続いて、1周目をクリアした。序盤、4番手の手操選手を引き離しながら、平田選手と大倉選手と横山選手がトップグループを形成。レースが後半を迎えるころになって、横山選手がここから遅れて、平田選手と大倉選手のマッチレースとなった。平田選手を僅差で追う大倉選手は、逆転のチャンスを狙って猛攻を仕掛け続け、ラスト2周となった11周目に逆転。追いすがる平田選手を引き離して、大倉選手が今季2勝目を挙げた。平田選手が2位、横山選手が3位、手操選手が4位でフィニッシュ。両ヒートを2位でまとめた平田選手が両ヒート総合成績トップとなり、横山選手はランキングトップを守った。


IA-2 ヒート1Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 鳥谷部 晃太 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `30.14.532
2位 平田 優 Team abe-G YAMAHA `30.52.619 Dunlop ユーザー
3位 大木 汰一  グリーンクラブ ライムグリーンRT KAWASAKI `31.21.760
5位 瓜生 大喜 bLU cRU レーシングチーム鷹 YAMAHA `31.37.896 Dunlop ユーザー
6位 横山 遥希 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `31.39.496 Dunlop ユーザー
7位 西條 悠人 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `31.41.642 Dunlop ユーザー

IA-2 ヒート2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 大倉 由揮 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `29.09.264 Dunlop ユーザー
2位 平田 優 Team abe-G YAMAHA `29.12.303 Dunlop ユーザー
3位 横山 遥希 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `29.34.653 Dunlop ユーザー
4位 手操 将志 SRM マウンテンライダーズ SUZUKI `29.41.061 Dunlop ユーザー
6位 内田 篤基 Team SSC SUZUKI `29.45.241 Dunlop ユーザー
7位 髙原 秋斗 SRF Team SBE SUZUKI `29.48.173 Dunlop ユーザー


レディース

本田七海選手が序盤から独走して今季2勝目!

10分+1周に短縮されたレディスクラスの決勝では、ランキングトップで今大会を迎えた本田七海選手(#6)が好スタート。これに続いた勝股七海選手(#7)は転倒で大きく遅れ、本田選手は1周目だけで約10秒のリードを築いた。1周目2番手の竹内優菜選手(#4)は、大会前に右手甲を骨折した厳しいコンディション。2周目の最終コーナーで、ライバルと順位を争っていた際に接触転倒し、13番手まで順位を下げた。これにより、本田選手のリードは約17秒に拡大した。

レース中盤、トップを走る本田選手は、2番手以下をまるで寄せつけない会心の走り。危なげなく8周を走破して、今季2勝目を挙げた。終盤、神田橋芽選手(#14)は4番手を走る選手に肉迫。さらにその後方からは、雨宮舞美選手(#18)が近づいた。そして最終ラップで、雨宮選手が神田橋選手を逆転して、それまで4番手を走っていたライダーが後退。これにより雨宮選手が4位、神田橋選手が5位、転倒後に追い上げた竹内選手が6位となった。


レディース決勝Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `12.48.082 Dunlop ユーザー
2位 川井 麻央 T.E.SPORT HONDA `13.09.165
3位 久保 まな Seezoo MICHELIN elf HUSQVARNA `13.32.753
4位 雨宮 舞美 6348RT&チームミッキー KAWASAKI `13.49.879 Dunlop ユーザー
5位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `13.50.562 Dunlop ユーザー
6位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `13.54.658 Dunlop ユーザー