Multiple Tread

3分割マルチプルトレッド構造

センター部とショルダー部に異なるトレッドコンパウンドを配置して強力なコーナリンググリップと優れた耐摩耗性を両立させる技術。各コンパウンドのエリアを調整してタイヤの特性を最大限に発揮させます。

構造イメージ図


Multiple Tread For ENASAVE

ENASAVE専用 4分割マルチプルトレッド構造

低燃費と充分な走行性能を両立するための特別なマルチプルトレッド構造。通常の3分割構造に加えセンター内部に低発熱型のコンパウンドを配置。タイヤの発熱を抑制しながら転がり抵抗の低減も実現します。

構造イメージ図


Slim Bead Apex

NEWスリムビードAPEX(エイペックス)構造

トレッドコンパウンドを紐状にして巻付ける技術。特性の異なるコンパウンドを細密に配置する事が可能になります。同時にタイヤの真円度が飛躍的に向上しタイヤ本来の特性を最大限に発揮させます。

Slim High Bead Apex

スリムビードAPEX(エイペックス)構造

低燃費と充分な走行性能を両立するための特別なマルチプルトレッド構造。通常の3分割構造に加えセンター内部に低発熱型のコンパウンドを配置。タイヤの発熱を抑制しながら転がり抵抗の低減も実現します。

構造イメージ図

形状比較イメージ


Bead Profile

新形状ビードプロファイル

吸収性の向上のためにタイヤサイドウォールの剛性を低減しても“リム浮き”の状態になりにくくするための新プロファイル技術。フルバンク時の“腰砕け”の症状を抑えて良好なトラクション性能とコントロール性能を発揮します。


Fine Carbon

微粒子カーボン

カーボンの粒子が細かいのでポリマーとの結合点が増加。それにより効率的に発熱をおこして優れたグリップ力を発揮します。さらにコンパウンドの補強性も高まり、耐摩耗性能も向上します。

Racing Type Fine Carbon

レース用微粒子カーボン

通常の微粒子カーボンより連鎖が長いのでポリマーとの絡み付きが増え、発熱効率がアップ。より優れたグリップ力を発揮します。

カーボンの結合イメージ


High Filling Silica

高充填シリカ

低温でも柔軟性のあるシリカの充填量を高めることにより温度依存度の少ない安定したグリップ特性とウエット性能を実現。さらに優れた補強性により耐摩耗性も向上します。

シリカの結合イメージ


Varying Belt Tention Technology

ベルト張力最適設計

ベルト張力をパートごとに調整する新製法。従来の製法では不足しがちだった中間バンク時の剛性をUPすることでバンク途中での剛性変化を抑え「過渡特性」・「接地感」が向上します。

中間バンクの接地圧分布と構造概念図


Camber Thrust Tuning Technology

キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー

各バンク角でのフロント/リアタイヤのキャンバースラストの発生力をパターン、構造、プロファイルで多角的にマネージメントしてバランスをとる技術。すぐれた旋回性を発揮しながら、軽快でリニアなハンドリングを実現します。

キャンバースラストイメージ図


High Elongation Steel Jointless Belt

ハイ・エロンゲーション・スチール-ジョイントレス・ベルト構造

強靱でしなやかなスチールコードを撚り絡め合わせタイヤの周方向に連続的に巻き付けたベルト構造。
優れた衝撃吸収性を発揮して安定したグリップ特性を実現して接地感を向上させます。

構造イメージ図


シュミレーションテクノロジー


ダンロップば最新スーパーコンピューター・プログラムにより、実物に限りなく近いタイヤモデルの動きをシミュレーション。
さまざまなライダーのニーズに応えるとともに、より安全で、より環境に優しいタイヤづくりを目指しています。

接地形状・接地圧シミュレーション

走行中の接地形状と接地圧を分析するシミュレーション技術。
接地面の正確な解析で接地面積の拡大と接地圧の均一化を実現しグリップ性能の向上と偏摩耗の抑制に効果を発揮します。


シミュレーション画面

走行中の接地形状と接地圧を分析するシミュレーション技術。
接地面の正確な解析で接地面積の拡大と接地圧の均一化を実現しグリップ性能の向上と偏摩耗の抑制に効果を発揮します。

ハイドロプレーニング・シミュレーション

タイヤパターンの排水効率を分析するシミュレーション技術。  接地面積を最大限に確保しつつ排水効率を高めることでドライグリップとウエット性能を高次元で両立します。


シミュレーション画面

ハイドロプレーニングシミュレーションによりパターンの排水効率を溝単位で分析して高い排水性を実現します。

インサイドドラム試験機

インサイドドラム試験機により、最大水深10mmのウェット路面で瞬間最大200km/hの走行シミュレーションが可能。キャンバー角を変えることもでき、あらゆる走行状態でのシミュレーションを可能にします。

ゴム配合シミュレーション

ナノメートルレベルでゴム内部をシミュレーションモデル化し、グリップ力の鍵を握る“発熱(エネルギーロス)”を解析することであらゆるニーズに応えるゴム配合を導き出します。


シミュレーション画面

緑色部分:ポリマー
青色部分:カーボン
赤色部分:発熱して、グリップ力を発生

構造イメージ図

カーボン:ポリマーとの結合点を増やすことでグリップ性能を向上させる

ポリマー:カーボンとの結合力を強めることでグリップ性能と耐摩性能を向上させる

カーボン:ポリマーの過度の動きを抑えてグリップ力の低下を緩和する