• 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23度
  • 観客:(2日間)3,800人

IA-1

渡辺祐介選手がヒート2で全日本最高峰クラス初優勝!

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23度
  • 観客:(2日間)3,800人

今季は全4戦のスケジュールとなる全日本モトクロス選手権。9月中旬に設定されていた第2戦近畿大会は中止扱いとなり、この第3戦が今シーズンの2戦目となった。戦いの舞台は、開幕戦と同じ宮城県のスポーツランドSUGO。コースの基本レイアウトは前戦を踏襲するものの、各セクションに手直しが加えられた。また、事前そして当日の入念な整備によって路面には十分な水分が含まれ、ホコリがほとんど発生しない良好なコンディションが保たれた。ただしこれにより、粘土質の路面には深くて固いワダチやギャップが刻まれることになり、ライダーにとってはこの攻略が大きなカギとなった。天候は、土曜日が曇りで日曜日が曇りのち晴れ。決勝日の最高気温は23度だった。最高峰クラスのIA1は、今大会および次戦に1大会3ヒート制を導入。日曜日に15分+1周のレースを3回実施した。

決勝ヒート1では、ヤマハファクトリーチームの富田俊樹選手(#317)がホールショット。オープニングラップをトップでクリアした。ホンダに乗る能塚智寛選手(#555)は3番手、ヤマハファクトリーチームの渡辺祐介選手(#110)は5番手からのレース。2周目には富田選手が1台の先行を許して2番手となり、能塚選手と渡辺選手がこれに続いた。3周目からは、能塚選手と渡辺選手が3番手争い。4周目にこれを制した渡辺選手は、2番手の富田選手に肉迫した。両者のバトルはレース終盤まで続いたが、ここは富田選手がポジションをキープ。9周でチェッカーとなったレースで、富田選手が2位、渡辺選手が3位に入賞して表彰台に立った。能塚選手は、レース中盤にヤマハ勢から離されたが、4位でフィニッシュした。

決勝ヒート2では、渡辺選手が好スタート。オープニングラップをトップでクリアした。序盤、上位勢は縦に長めの隊列となり、富田選手は3番手、能塚選手は5番手、KTMを駆る池谷優太選手(#793)は6番手を走行。しかし、3~4周目に2台がトップ争いを繰り広げる間に富田選手が距離を詰め、渡辺選手が2番手に後退した4周目からは、3台のトップ集団となった。6周目、渡辺選手が再びトップに浮上。再逆転を狙ったライバル選手は単独転倒により後退し、これで渡辺選手と富田選手のマッチレースとなった。すると7周目、渡辺選手が一気にペースアップ。これで富田選手は引き離され、渡辺選手が逃げ切って全日本最高峰クラス初優勝を挙げた。富田選手は2位、能塚選手は単独走行の5位となった。

決勝ヒート3のスタートではダンロップ勢がやや出遅れたが、それでも渡辺選手は混戦の中で巧みに順位を上げて1周目3番手。能塚選手が同5番手となった。富田選手は、1周目10番手からの追い上げを強いられた。レースは、序盤に渡辺選手を含む4台のトップ集団が形成され、やや離されて能塚選手と追い上げてきた富田選手が追う展開。中盤には能塚選手と富田選手がトップグループとの距離を詰めて6台の隊列となり、そこから2台ずつの接近戦に発展した。その中で渡辺選手はトップのライダーに僅差で迫ったが、ラスト3周となった7周目に転倒。集団から遅れた6番手まで後退した。これにより4番手に浮上した能塚選手は、最終ラップに前走者をパス。能塚選手が3位、富田選手が5位、渡辺選手が6位でチェッカーを受けた。


IA-1 ヒート1Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 山本 鯨 Honda Dream Racing Bells HONDA `17.55.171
2位 富田 俊樹 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `17.57.119 Dunlop ユーザー
3位 渡辺 祐介 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `18.00.346 Dunlop ユーザー
4位 能塚 智寛 Honda Dream Racing HAMMER HONDA `18.06.748 Dunlop ユーザー
8位 小林 秀真 SRMマウンテンライダーズ SUZUKI `18.35.603 Dunlop ユーザー
10位 星野 裕 TEAM HAMMER HONDA `18.41.567 Dunlop ユーザー

IA-1 ヒート2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 渡辺 祐介 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `18.06.734 Dunlop ユーザー
2位 富田 俊樹 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `18.09.546 Dunlop ユーザー
3位 山本 鯨 Honda Dream Racing Bells HONDA `18.12.269
5位 能塚 智寛 Honda Dream Racing HAMMER HONDA `18.31.121 Dunlop ユーザー
9位 小林 秀真 SRMマウンテンライダーズ SUZUKI `18.53.539 Dunlop ユーザー
11位 池谷 優太 KTMうず潮レーシング福山 KTM `19.03.145 Dunlop ユーザー

IA-1 ヒート3Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 成田 亮 Honda Dream Racing N.R.T. HONDA `18.27.194
2位 山本 鯨 Honda Dream Racing Bells HONDA `18.27.687
3位 能塚 智寛 Honda Dream Racing HAMMER HONDA `18.34.694 Dunlop ユーザー
5位 富田 俊樹 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `18.38.520 Dunlop ユーザー
6位 渡辺 祐介 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `18.53.694 Dunlop ユーザー
7位 小林 秀真 SRMマウンテンライダーズ SUZUKI `18.56.603 Dunlop ユーザー


  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23度
  • 観客:(2日間)3,800人

IA-2

横山遥希選手が両ヒート制覇でランク首位をキープ!

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23度
  • 観客:(2日間)3,800人

開幕戦の決勝ヒート1でIA初優勝を挙げた内田篤基選手(#39)は、練習中のケガにより今大会を欠場。決勝ヒート1は、昨年度ランキング2位の大倉由揮選手(#31)とディフェンディングチャンピオンの横山遥希選手(#1)によるマッチレースとなった。序盤からこの2台が後続を引き離し、接近戦を展開。トップを走る大倉選手を僅差で追った横山選手は、10周目に満を持してパッシング。すると今度は、抜かれた大倉選手が横山選手の背後でマークを続けた。しかし最後は、横山選手が安定したハイペースをキープ。そのまま16周終了時点でチェッカーを受け、横山選手が優勝、大倉選手が2位となった。3番手争いは、レース序盤から中盤にかけて何人ものライダーが入れ替わる展開となったが、7周目には西條悠人選手(#47)が浮上。浅井亮太選手(#41)を振り切った西條選手が、IA初表彰台登壇となる3位でゴールした。

決勝ヒート2は、横山選手が好スタート。1周目をトップでクリアすると、これに池田凌選手(#60)が続いた。レース序盤、池田選手や浅井選手や西條選手らが2番手争いを繰り広げる間に、横山選手はアドバンテージを拡大。3周目までに約9秒のリードを奪うと、その後は後続とのタイム差をキープした。ところが8周目、横山選手が単独転倒。すぐに再スタートを切ったが、これにより2番手との差は約1.5秒に縮まった。このチャンスに奮闘したのは、この時点で3番手だった浅井選手。翌周に前を走るライダーを抜くと、リズムを崩した横山選手の背後に迫り、逆転のチャンスをうかがった。しかし終盤になって横山選手は自分の走りを取り戻し、逆に浅井選手はややペースダウン。これにより横山選手が逃げ切って両ヒート制覇を達成し、浅井選手が2位となった。4周目に池田選手を抜いた西條選手が4位となった。


IA-2 ヒート1Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 横山 遥希 Team Kawasaki R&D KAWASAKI `32.40.778 Dunlop ユーザー
2位 大倉 由揮 bLU cRU TEAM KOH-Z YAMAHA `32.42.658 Dunlop ユーザー
3位 西條 悠人 ピュアテックレーシング KAWASAKI `33.20.595 Dunlop ユーザー
4位 浅井 亮太 bLU cRU フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.25.637 Dunlop ユーザー
5位 岸 桐我 TEAM KOH-Z YAMAHA `33.31.920 Dunlop ユーザー
6位 小川 孝平 ピュアテックレーシング KAWASAKI `33.35.044 Dunlop ユーザー

IA-2 ヒート2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 横山 遥希 Team Kawasaki R&D KAWASAKI `33.00.239 Dunlop ユーザー
2位 浅井 亮太 bLU cRU フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.05.595 Dunlop ユーザー
3位 大城 魁之輔 Bells Racing HONDA `33.16.365
4位 西條 悠人 ピュアテックレーシング KAWASAKI `33.21.239 Dunlop ユーザー
5位 大倉 由揮 bLU cRU TEAM KOH-Z YAMAHA `33.31.223 Dunlop ユーザー
76 鈴村 英喜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `33.32.339 Dunlop ユーザー


  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23度
  • 観客:(2日間)3,800人

レディース

本田七海選手は転倒からの追い上げで3位表彰台!

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23度
  • 観客:(2日間)3,800人

昨年度チャンピオンの本田七海選手(#1)は好スタートを決めて、まずは2番手。すぐに前の選手を抜いてトップに浮上した。その後に再逆転を許したが、本田選手はトップの選手をマークする2番手で1周目をクリア。ところが2周目、転倒を喫して5番手まで後退した。同じ周、木下宙選手(#9)が楠本菜月選手(#18)を抜いて3番手に順位を上げた。

3周目、本田選手は3番手に浮上。この段階で、2番手のライダーは7秒ほど先行していた。また楠本選手は、木下選手を逆転して4番手に順位を上げた。レース後半、本田選手は細かいミスもあってなかなか追い上げができず、2番手の選手とほぼ同じペースで周回。レースは8周でチェッカーとなり、本田選手は3位となった。楠本選手が4位、木下選手は5位に入賞した。


レディース 決勝Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 川井 麻央 T.E.SPORT HONDA `18.36.973
2位 久保 まな Seezoo MICHELIN RK HUSQVARNA `18.55.165
3位 本田 七海 bLU cRU TEAM KOH-Z YAMAHA `19.00.697 Dunlop ユーザー
4位 楠本 菜月 アクションレーシング with ALPHATHREE HUSQVARNA `19.31.366 Dunlop ユーザー
5位 木下 宙 YAMAHA `19.41.295 Dunlop ユーザー
7位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `19.54.698 Dunlop ユーザー