• 天気:晴れ
  • 気温:33度

450クラス

450クラス トマックが3連覇! ダンロップV10達成!

  • 天気:晴れ
  • 気温:33度

 バッズクリーク・モトクロスパークは、アメリカ東部に多い名門コースの一つである。AMAプロモトクロスの開催はもちろん、これまでに世界選手権アメリカGP('93、'94、'99年)や、モトクロス・オブ・ネイションズ('07年)が当地で行われてきた。首都ワシントンDCに近いことも、バッズクリークが高い地位を保つ要因となっている。
谷の斜面を利用したコースレイアウトには、アップダウンやオフキャンバーが多く、ビッグジャンプも勝敗を分けるポイントの一つ。土質は元来ハードだが全周にわたって耕されるので、時が経つと走行ラインとそれ以外の部分に差が出てくる。硬くて深いワダチとブレーキング地点にできるギャップなど、攻略テクニックが要求される難コースと言えるだろう。
以前は開催日程が6月の父の日に固定されていたが、2016年から8月にスケジュールが変更されたため、バッズクリークと言えば高温多湿の…という傾向がさらに強まった。公式予選は比較的涼しい午前8時から始まったが、全セッションを終えてポールポジションを獲得したのは、450=ケン・ロクスン(ホンダ)=2:00.432、250=チェイス・セクストン(ホンダ)=2:02.280。ワダチの選択が鍵となりそうな状況だった。
450クラスのヒート1は、ジャスティン・ボーグル(KTM)のホールショットで始まった。オープニングラップの後半でイーライ・トマック(カワサキ)、ロクスンに先行されると、ボーグルは徐々に離されていく。5周目にはマービン・ムスキャン(KTM)が3位、6周目にはザック・オズボーン(ハスクバーナ)が4位に浮上した。中盤までにロクスンを振り切ったトマックは、13秒以上のアドバンテージを持ってフィニッシュ。2位ロクスン、3位ムスキャンのオーダーに変動はなかった。
450クラスのヒート2では、オズボーンがホールショットを取ったが、トマックが1周目からトップに躍り出た。2位に上がったロクスンに対するリードは、少しずつだが確実に広がり9秒差となる。9周目にはジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が2位、13周目にはムスキャンが3位に浮上し、上位のオーダーが定まった。
後半になってさらにリードを広げたトマックは、余裕でフィニッシュ。両ヒートを制したトマックのポイントリードが50点となり、最終戦を待たずにタイトルが確定。トマックの3連覇、そしてダンロップの10連覇は、名門バッズクリークで達成された。富田俊樹(ホンダ)は18位/15位に入り、貴重なシリーズポイントを加算している。


450 Heat1Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 1 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 36:04.261 Dunlop ユーザー
2位 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda +13.956 Dunlop ユーザー
3位 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +19.136 Dunlop ユーザー
4位 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +21.723 Dunlop ユーザー
5位 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +24.197 Dunlop ユーザー
6位 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha +51.082 Dunlop ユーザー

450 Heat2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 1 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 36:19.169 Dunlop ユーザー
2位 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +14.905 Dunlop ユーザー
3位 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +25.374 Dunlop ユーザー
4位 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +32.095 Dunlop ユーザー
5位 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha +40.380 Dunlop ユーザー
6位 15 D・ウィルソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +50.555 Dunlop ユーザー


250クラス

250クラス マケラスが初のパーフェクトウィン!

  250クラスのヒート1では、タイ・マスタプール(ヤマハ)がホールショットから序盤のリーダーとなった。2位につけたアダム・シアンサルーロ(カワサキ)は、コーナーでタイムロスを喫し5位までダウン。この機に2位に浮上したシェイン・マケラス(KTM)が、5周目にマスタプールをかわしトップに躍り出た。マケラスは後半、シアンサルーロの追撃を9秒差で振り切って、今シーズン初優勝をゲットした。
注目の下田丈(ホンダ)は、スタート13位から10位までポジションを上げた。レース中盤にはディラン・フェランディス(ヤマハ)、ハンター・ローレンス(ホンダ)、セクストンらに抜かれたが、13位でチェッカーを受けた。
250クラスのヒート2では、マケラスがホールショットを奪った。1周目はミッチェル・オールデンバーグ(ヤマハ)に先行を許したものの、2周目にはトップの座を奪回したマケラスが独走を決め込む。早々とレースの主導権を握ったマケラスは、2ヒートを連取して完全優勝。2位にはジャスティン・クーパー(ヤマハ)、3位にはアレックス・マーティン(スズキ)が入賞した。250クラスのタイトルは最終戦まで持ち越される。
ヒート2の下田は、スタート11位から2周目7位へと躍進。シングルフィニッシュを予感させたが、下田はこのヒートでも強敵を背負っており、中盤になるとシアンサルーロ、フェランディス、セクストンに抜かれてしまう。終盤まで10位をキープしていた下田だったが、最終的にペースが落ち12位でチェッカーを受けた。


250 Heat1Result

順位 選手名 チーム メーカー
タイム
1位 12 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 36:15.806 Dunlop ユーザー
2位 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +08.766 Dunlop ユーザー
3位 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +11.769  Dunlop ユーザー
4位 34 D・フェランディス Monster Energy Yamalube Star Yamaha +12.890 Dunlop ユーザー
5位 36 M・モズマン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +16.564 Dunlop ユーザー
6位 32 J・クーパー Monster Energy Yamalube Star Yamaha +19.800 Dunlop ユーザー

250 Heat2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 12 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 34:39.702 Dunlop ユーザー
2位 32 J・クーパー Monster Energy Yamalube Star Yamaha +07.731 Dunlop ユーザー
3位 26 A・マーティン JGRMX Yoshimura Suzuki +11.267
4位 34 D・フェランディス Monster Energy Yamalube Star Yamaha +19.292 Dunlop ユーザー
5位 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +23.039 Dunlop ユーザー
6位 23 C・セクストン Geico Honda Honda +25.406 Dunlop ユーザー