• 天気:晴れ
  • 気温:25度

450クラス

450クラス トマックが総合優勝でシーズンを終了!

  • 天気:晴れ
  • 気温:25度

 
シリーズ最終戦の舞台は、インディアナ州クロフォーズビルにあるアイアンマン・レースウェイ。インディカーやスーパークロスなど、モータースポーツが盛んなことで知られるインディアナポリスに程近い当地は、GNCC(グランドナショナルクロスカントリー)の会場にモトクロスコースを新設する形で、2014年からシリーズに組み入れられた。
夏は高温多湿な土地柄であるため、過去5回の開催日を振り返ってみると、ウェットあるいはマディコンディションに苛まれることが多かったが、今年は幸い好天に恵まれた。アイアンマンの土質は従来ハードパックだったが、モトクロスコースを新設する際に大量の砂とおが屑を用いた土質改善が行われている。
450クラスは前戦でイーライ・トマック(カワサキ)のタイトルが確定したが、250クラスではチャンピオン争いが依然として続いていた。首位アダム・シアンサルーロ(カワサキ)に対し、30点ビハインドのディラン・フェランディス(ヤマハ)が追う構図だ。タイムドプラクティスでは、ケン・ロクスン(ホンダ)が2分00秒762で450のポールポジション。250ではジャスティン・クーパー(ヤマハ)が2分01秒844で最速だった。
450クラスのヒート1では、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)がホールショットを決めたが、オープニングラップ中にロクスンがトップに立った。サバッチーは後方からのチャージに屈し、5周目には4位まで後退。しばらくはトップ争いに食らい付いていたが、中盤になるとロクスン、トマック、マービン・ムスキャン(KTM)に絞られた。
終盤になると、上位グループが数珠つなぎとなり、0.1~0.2秒差を争うデッドヒートとなる。この中からムスキャンが14周目にトマックをかわし、15周目にはロクスンをも攻略してリーダーの座を奪取。残り3周を掌握したムスキャンがヒート1の勝者となった。
450クラスのヒート2は、またしてもサバッチーのホールショットで始まったが、ロクスン、トマックが早々と先行し、さらに3周目にはザック・オズボーン(ハスクバーナ)が3位に浮上した。ロクスン、トマック、オズボーンの3台は、徐々に後方を置き去りにしていった。
レース後半に差しかかると、周回遅れの出現によりトップグループのペースが乱れ、11周目にはトマックが先頭に、12周目にはオズボーンが2位に浮上し、ロクスンは3位へ。この段階で張り詰めていたものが切れてしまい、各々の間隔が広がった後にチェッカーとなった。オーバーオールでは、トマックが3位/1位で優勝し、3連覇のシーズンを締め括った。富田俊樹(ホンダ)は、18位/16位に入った。


450 Heat1Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 34:58.963 Dunlop ユーザー
2位 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda +00.707 Dunlop ユーザー
3位 1 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +02.613 Dunlop ユーザー
4位 17 J・サバッチー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +22.133 Dunlop ユーザー
5位 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +41.982 Dunlop ユーザー
6位 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +56.229 Dunlop ユーザー

450 Heat2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 1 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 35:21.612 Dunlop ユーザー
2位 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +08.142 Dunlop ユーザー
3位 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda +09.839 Dunlop ユーザー
4位 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha +14.351 Dunlop ユーザー
5位 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +26.610 Dunlop ユーザー
6位 J・サバッチー Monster Energy Kawasaki Kawasaki +30.313 Dunlop ユーザー


250クラス

250クラス シアンサルーロに栄冠! ダンロップ10年連続完全制覇!

 250クラスのヒート1では、カイル・ピータース(スズキ)がオープニングラップを制したが、2周目からはフェランディス、クーパー、シアンサルーロがトップ3を形成した。チームメイト同士でありながら、接近戦を繰り広げる2台は、5周目にポジションを入れ替えクーパーがトップに立った。終盤12周目には、フェランディスがトップを奪回。ラスト3周ではシアンサルーロが2位に浮上。この順でチェッカーが振られた瞬間、シアンサルーロの初タイトルが確定した。
この結果、ダンロップは10年連続(2010~2019)でAMAスーパークロス&モトクロス選手権を全クラス制覇(SX450/SX250イースト/SX250ウエスト/MX450/MX250)。世界で最もコンペティティブなジャンルにて、確固たる地位を築いている。
250クラスのヒート2では、フェランディスがホールショットを奪った。クーパー、シアンサルーロを挟み、RJ・ハンプシャー(ホンダ)、チェイス・セクストン(ホンダ)が続く。フェランディスは序盤から3秒前後の貯金を蓄えて快走。そのまま逃げきり、スタートトゥフィニッシュで完全優勝を果たした。
注目の下田丈(ホンダ)は、ヒート1でスタート18位から14位フィニッシュ。ヒート2では最後尾から追い上げて16位。オーバーオール15位になった。シリーズランキングでは、第10~12戦のみの出場で29ポイントを稼ぎ、27位にランクされている。


250 Heat1Result

順位 選手名 チーム メーカー
タイム
1位 34 D・フェランディス Monster Energy Yamalube Star Yamaha 35:01.078 Dunlop ユーザー
2位 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +03.665 Dunlop ユーザー
3位 32 J・クーパー Monster Energy Yamalube Star Yamaha +07.293 Dunlop ユーザー
4位 23 C・セクストン Geico Honda Honda +09.712 Dunlop ユーザー
5位 36 M・モズマン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +28.322 Dunlop ユーザー
6位 26 A・マーティン JGRMX Yoshimura Suzuki +43.724

250 Heat2Result

順位 選手名 チーム メーカー タイム
1位 34 D・フェランディス Monster Energy Yamalube Star Yamaha 35:28.735 Dunlop ユーザー
2位 32 J・クーパー Monster Energy Yamalube Star Yamaha +04.905 Dunlop ユーザー
3位 23 C・セクストン Geico Honda Honda +11.499 Dunlop ユーザー
4位 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +24.350 Dunlop ユーザー
5位 36 M・モズマン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +27.044 Dunlop ユーザー
6位 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +37.307 Dunlop ユーザー