• 天気:雨、曇り
  • 気温:25度
  • 観客:10,000人

Moto2

バスティアニーニ選手が今季3勝目。長島選手は負傷して苦戦を強いられる

  • 天気:雨、曇り
  • 気温:25度
  • 観客:10,000人

第7戦の翌週、第8戦は同じミサノで開催された。
ドライ・コンディションで行われた予選では、首位で前戦のウィナー、L・マリーニ選手(KALEX)が今季初のポール・ポジションを獲得した。「いい方向に進んでいる。予選ではすべてのコーナーで正確な走りができた」とマリーニ選手。
続いて、マリーニ選手のチーム・メイト、M・ベゼッキ選手(KALEX)が2位、X・ヴィアージ選手(KALEX)が3位となる。
長島哲太選手(KALEX)は13番手につけた。
「予選の終盤、セッティングを変えてよくなった。グリッドはよくないが、スタートを決めて全力で追い上げたい」と長島選手。

決勝レースは、ヴィアージ選手のホール・ショットで始まる。後ろからマリーニ選手、ベゼッキ選手、E・バスティアニーニ選手(KALEX)などが続く。6周目にバスティアニーニ選手がトップに上がるが、雨が降りだして赤旗が出される。
すぐに雨は止み、レースは仕切り直し。6周終了時点の順位で並び、10周レースとして再スタートすることになる。グリッドはバスティアニーニ選手、マリーニ選手、ヴィアージ選手、ベゼッキ選手の順で並ぶ。
ところが、スタート前のウォーム・アップ走行のときに再び雨が降り始め、スタート・ディレイとなってしまう。
約20分後、ほぼドライ・コンディションでレースは再スタート。
マリーニ選手がホール・ショットを決めるが、すぐにバスティアニーニ選手がトップに浮上。ヴィアージ選手、M・シュロッター選手(KALEX)などが続く。オープニング・ラップでマリーニ選手はミスすると5位にまで後退する。
トップのバスティアニーニ選手は引き離しにかかり、5周目に約1秒半のリードを奪う。
6周目にヴィアージ選手がクラッシュ・ダウン。2位争いは、ベゼッキ選手とS・ロウズ選手(KALEX)の戦いとなる。
バスティアニーニ選手は、そのままトップを守り切りチェッカー。今季3勝目を決める。
後方では、ベゼッキ選手が競り勝ち2位。ロウズ選手が3位となった
マリーニ選手は4位に入り、首位を守った。
また、長島選手は朝のウォーム・アップ走行で転倒して足を負傷。ペースが上がらず、23位でゴールした。

コメント

優勝 E・バスティアニーニ選手(KALEX)
「今日のレースと結果にとても満足しています。再スタートになったときにソフト・タイヤを選択しました。ラスト2周は100パーセントの走りで、優勝することができた。家族が見ているホームGPで優勝することができて、本当にすばらしい1日になった」

2位 M・ベゼッキ選手(KALEX)
「再スタート後、序盤は苦戦したが、その後うまくリカバーできた。マリーニ選手を抜いてから自分のペースをつかみ、ヴィアージ選手、シュロッター選手の後ろに付いた。2人をパスして、バスティアニーニ選手に近付こうとがんばった。いいフィーリングがあったが、抜くことはできなかった」

3位 S・ロウズ選手(KALEX)
「最初のスタートはよくなかったが、いいフィーリングがあって、いいポジションを走行していった。赤旗は運がなかったが、みんなにとっても同じだったと思う。再スタートはうまくいかなかった。最初の数周はいい走りができなかった。そのあと何人かオーバー・テイクをして、いいペースを刻むことができた。そして表彰台に立つことができた」

23位 長島哲太選手(KALEX)
「今日は不運な1日だった。朝のウォーム・アップ走行ではいいフィーリングで走っていた。残り数分というところで転倒してしまった。レースでは、ポジションをキープしようとしたが難しかった。次のバルセロナには、よい準備をして臨みたい」


Moto2Result

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 E.Bastianini Italtrans Racing Team KALEX '16.11.977 Dunlop ユーザー
2 M.Bezzecchi SKY Racing Team VR46 KALEX '16.12.697 Dunlop ユーザー
3 S.Lowes EG 0,0 Marc vds KALEX '16.13.101 Dunlop ユーザー
23 長島哲太 Red Bull KTM Ajo KALEX '16.30.056 Dunlop ユーザー

  • 天気:雨、曇り
  • 気温:25度
  • 観客:10,000人

Moto3

フェナーティ選手が今季初優勝。小椋選手は3位

  • 天気:雨、曇り
  • 気温:25度
  • 観客:10,000人

予選でポール・ポジションを獲得したのはR・フェルナンデス選手(KTM)。今季3度目のポール・シッターとなった。
「昨日転倒していたから、少し難しかった。それでも少しずつペースをつかんで、ポール・ポジションをとることができた。明日はいい結果をつかみたい」とフェルナンデス選手。
続いて、T・アルボリーノ選手(HONDA)、A・ミーノ選手(KTM)が続く。
首位のA・アレナス選手(KTM)は4位につける。
また、鳥羽海渡選手(KTM)が日本人最上位の7位。
「今年一番の予選結果です。いいフィーリングで走れている。明日は冷静にレースを楽しんで、上位集団に加わりたい」と鳥羽選手。
鈴木竜生(HONDA)8位につけたが、予選最後に転倒して右手首を骨折して欠場となった。
小椋藍選手(HONDA)は12番手、佐々木歩夢選手(KTM)16番手、山中琉聖選手(HONDA)25番手、國井雄輝選手(HONDA)27番手につけた。

決勝レースがスタートすると、アルボリーノ選手がホール・ショット。すぐにフェルナンデス選手がトップに上がり、アルボリーノ選手、アレナス選手、R・フェナーティ選手(HUSQVARNA)、C・ヴィエッティ選手(KTM)などが続く。
レース中盤に向けて、アレナス選手、ヴィエッティ選手が先頭を入れ替えていく。フェナーティ選手、J・マシア選手(HONDA)、小椋選手なども含む11台の先頭集団が混戦を続ける。
レース終盤に入ると、ヴィエッティ選手、マシア選手、小椋選手、アレナス選手、フェナーティ選手を中心にトップ争いを展開。
ラスト・ラップ、トップを争っていたヴィエッティ選手とアレナス選手が接触して遅れをとる。その隙に前に出たフェナーティ選手が今季初優勝。
ヴィエッティ選手が2位、小椋選手は3位に食い込んだ。
アレナス選手は4位に終わる。
この結果、首位のアレナス選手と2位小椋選手の差は2点となった。
また、鳥羽選手は9位。佐々木選手14位、山中選手20位、國井選手25位となった。

コメント

優勝 R・フェナーティ選手(HUSQVARNA)
「優勝できて最高の気分です。この調子でいい結果を残していきたい。集中して戦っていくことが大事だと思う。バイクの感触もよくなった。この調子でがんばりたい」

2位 C・ヴィエッティ選手(KTM)
「チームががんばってくれたおかげで、表彰台に上がることができた。大集団の戦いで遅れないように走っていった。最後は抜かれないようにインを閉めて、ハード・ブレーキングしていった。3位になれてうれしいです」

3位 小椋藍選手(HONDA)
「今日の結果はポテンシャル以上のものだったと思う。もちろん表彰台に立てたことはうれしいが、レースをうまくコントロールできなかった。FP3で大きく進歩したが、予選でうまくまとめることができず、予選順位はよくなかった。レースはタフで、ペースも速く、多くのライダーたちがアグレッシブだった。上位をキープすることは大変だった。優勝するためには、もっと改善していく必要があると思う」

9位 鳥羽海渡選手(KTM)
「先週に比べたら大きく前進したと思う。今年一番の出来だったと思う。レース序盤は上位陣の中で走った。その後、少し遅れを取ったが、最後はまた追いつくことができた。少しずつ自信をつかんでいるので、来週さらに状態を上げていきたい」

14位 佐々木歩夢選手(KTM)
「スタートは決まって序盤は悪くなったが、徐々に遅れてしまった。クラッチの調子がおかしくなってしまい、格闘してしまった。終盤は、どうすることもできなかった。それでもポイント圏内でゴールできたことはよかった。ここ2戦ノー・ポイントだったので、2点とれたことはよかった」

20位 山中琉聖選手(HONDA)
「スタートは悪くなかったが、高速コーナーでオーバー・テイクをするのがたいへんだった。レースに向けていいセット・アップを見つけられなかった。初めから前の集団に入ろうとしたが、できなかった。レース中、ほとんど単独で走行できたことはよかった。次戦へ向けてどこを改善しなければいけないのか分析したい」

25位 國井勇輝選手(HONDA)
「スタートからグループ内に留まれたが、彼らのペースについて行けなかった。その中でミスを犯してしまい、グループから遅れてしまった。それでも昨日のFP3より1秒以上速く走ることができた。次のレースはよく知っていて好きなサーキットなので、がんばります」


Moto3Result

順位 ライダー チーム マシン タイム
1 R.Fenati Sterilgarda Max Racing Team HUSQVARNA '39.30.124 Dunlop ユーザー
2 C.Vietti SKY Racing Team VR46 HONDA '39.30.160 Dunlop ユーザー
3 小椋藍 Honda Team Asia HONDA '39.30.245 Dunlop ユーザー
9 鳥羽海渡 Red Bull KTM Ajo KTM '39.31.063 Dunlop ユーザー
14 佐々木歩夢 Red Bull KTM Tech3 KTM '39.36.049 Dunlop ユーザー
20 山中琉聖 Estrella Galicia 0,0 HONDA '39.50.308 Dunlop ユーザー
25 國井雄輝 Honda Team Asia HONDA '39.55.388 Dunlop ユーザー