鈴鹿サーキット

全長 5,821m
最大直線長 900m
走行幅 10~15m
交通 東名阪自動車道・鈴鹿ICより約13km、
名古屋より約52km、大阪より約132km
所在地 三重県鈴鹿市稲生町7992
TEL 059-378-1111(代)

受付

8:30~9:45

走行時間

11:30~12:50 / 14:20~17:00頃の合計3時間
※走行は20分×3回の合計約1時間となります。
(正式なタイムスケジュールは、参加受理書に同封いたします。)

走行(全て先導付)

ハイパワークラス(H)・ミドルパワークラス(M)、初心者対象のチャレンジクラス(C)別の6~10台程度の小グループに分かれての、全てインストラクターによる先導走行(詳細は規則項をご覧ください。)となります。

CクラスについてはH,Mクラスの小グループと同時走行となりますことをご了承ください。 各クラスは全て先導走行となりますが、Cクラスのみ小グループの前後2名のインストラクターが付きます。 各小グループは、6~12台ほどで1つのグループ(小グループ)と区分して、それぞれの小グループ内は同クラスの方どうしでの走行となります。整列時には、各クラス表示(H,M,C)と共に小グループ番号(数字)の表示もいたしますので、該当する参加クラスの中で、いずれかの 小グループ番号に走行できる装備で整列ください。コースインは、小さい番号順からスタートして行きます。

受け入れることができる場合は、MからHへの変更もお受けさせて頂きますが、そのグループの最大同時走行人員を超える場合は、規約上お受けすることができません。各クラス全体に合わせたペースでの先導走行となります。

走行グループは、各個人に合わせた走行ではございませんので、自分自身のペースを主張される場合、鈴鹿サーキットSMSC主催による、ライドオンクラブやスポーツ走行などのフリー走行枠のご利用を推奨いたします。

ゲスト

中野 真矢 氏(ゲストは変更される場合があります。)


その他


  • ウェルカムサービス、サーキットレストランでのランチ、コーヒー&ドリンクサービス付。
  • 参加者全員にプレゼント。
  • 希望者にはレンタルスーツやブーツをご用意いたします。(レンタル料:ツナギ(レディースサイズ~M、L、LL、XL各種ワイドサイズ5XLまで)¥5,400-/ブーツ(25~29cm各種)¥2,160-)事前に文書若しくはお電話にてお申込ください。
    ※数量に限りがありますので、サイズによりご用意できない場合もあります。また、既製品ですので、体型により、フィットしにくい場合があります。ご了承くださいませ。
  • 国内サーキットのどこよりも高速コーナーが多く、スピード域も高いですので、走行には十分注意してください。
  • 2回目、3回目は連続走行となりますので、ガソリン携行缶(一般セルフ式ガソリンスタンドでは給油出来ない場合があります。)をご持参頂くか、または2回目の走行後、すぐに近隣のガソリンスタンドに行かれ、3回目の走行に備えられることを推奨いたします。(パドック内のガソリンスタンドは基本的に休業日となっております。)
  • ピットは限定される為、大変申し訳ございませんが譲り合ってご使用願います。(1ピット12台程度は充分ご利用可能です。)
  • 10名程度以上でお申し込みの販売店様や、グループでお申込みの方は、1ピットを割り当てさせて頂きますが、そのピットに余裕がある場合、他の個人での参加者様にもご使用頂けるように配慮をお願いいたします。
  • すぐ近くに宿泊ホテル、大手スーパー、ホームセンターやバイク販売店、コンビニエンスストアなどが多数あり、国内サーキットのどこよりも充実しております。
  • 国内で一番人気のあるサーキットです。また定員になり次第、締め切らせて頂きます。

参加料

お一人様(ウェルカムサービス / 昼食 / ドリンクサービス / 各レクチャー / 参加プレゼント&抽選会 込)

  • 前後共DLタイヤ:17,280円(税込)
  • DL/他社タイヤ:19,980円(税込)
  • 前後共他社タイヤ:22,680円(税込)
  • 同伴者:1,944円(税込)

※当日支払いに関しましては、別途手数料1,000円(税込)必要となります。(Gパンクラス/キャンセル待ち登録申込者は除く)
※基本的に同伴者の当日追加受付はできません。

お申し込み方法


イベントレポート

2018年5月9日(水)  
DUNLOPサーキットステーション  鈴鹿サーキット 開催レポート

新緑が眩しく映り、初夏の気配が感じられる5月9日の水曜日。鈴鹿サーキットにおきまして、DUNLOPサーキットステーションを開催させて頂きました。本年度の鈴鹿サーキットでのDUNLOPサーキットステーションは、1回のみという事もあり、受け入れできる定員数いっぱいで開催をさせて頂きました。
天候の方は、前日からポツリポツリと雨が降ったり止んだりの曇天模様が続き、明日はどうなる事かと気になる前日設営となりました。その前日は、他のイベントと重なる事もなく順調に作業が進み、雨も本降りになる前に作業終了する事が出来ました。ツーリングイベントも同じですがサーキットイベントにおきましても、晴れと雨とでは路面の環境が大きく変化します。やはり晴れて路面もドライの状況で走行するのが一番安心で楽しいと思います。もちろん、スタッフも同様で、天気予報をちらりちらりと確認しながら作業を進めておりました。
開催日である9日は、残念ながら朝から雨が降り続いている中で最終準備に取り掛かりました。今回は、240名と多くの参加者がおられましたので、事前準備を急ピッチで進めまして、受付時間を予定より早めの8時10分より開始させて頂きました。受付と車検の方は、開始時間を早めた事と皆様の協力もありまして順調に終了し、定刻10時よりピット2階ミーティングルームにおきまして、走行前ミーティングを開始させて頂きました。鈴鹿サーキットのコースの特徴、フラッグや掲示旗の意味、コースイン・コースアウトの際の注意点、そして走行にあたっての心構えなど、高速コーナーが続く鈴鹿サーキットを、皆様に安全に走行して頂く為に必要なミーティングを実施させて頂きました。
その後は、今回のゲストであります上田 昇氏と本イベント初登場の中野 真矢氏の2名のご紹介をさせて頂きました。ちょうどこの頃から青空が見え始め、天候は回復傾向となり、路面も少しずつですが乾き始めて来ました。
走行前ミーティングの後は、同ミーティング会場におきまして、上田氏によるストレッチを実施させて頂き、
その後、集合写真撮影は屋外へ移動し、青空に移って行く空の下、ダンロップテント横のパドックにて撮影をさせて頂きました。
そして、乾いて行く路面の中で、いよいよ11時30分からCクラスの走行をスタートして行きました。
各クラス1回目の走行が終わると、お昼休みに入ります。鈴鹿サーキット内のレストランSUZUKA-ZEにおきまして、通常より特別なランチを皆様にご提供させて頂きました。今回は、『柔らか鶏天重』『BIG海老フライカレーライス』『牛肉うどん』の3種類のメニューから1つを皆様に選んで頂きました。どのメニューもとても美味しそうで、選ぶのに迷われているお客様もおられました。ランチタイムは、皆様それぞれ会話を弾ませながら、楽しく召し上がられた様子でした。
また、ランチタイムと同時刻にダンロップテント内にて抽選会が始まりました。アンケート回答で当たる景品は、様々なDUNLOPグッズをご用意しております。お目当てのDUNLOP-CSオリジナルヘルメットを期待して、抽選会を楽しんでおられる参加者もおられ、抽選会場は大いに賑わっていました。
さて、ランチの後は前年度より実施しております、2回目の走行前ミーティングを実施致しました。日本最大級の長さを持つ鈴鹿サーキットで、存分に走りたいと思われる方も多く、スタッフと致しましてもご参加される皆様には安全第一に、そして集中して走行して頂く為に、忘れがちな走行時の安全確認や注意事項など、短時間で再度自身のチェックを行って頂く事、そして2回目、3回目の走行の際の転倒事例が多い傾向である為、さらなる走行の安全性向上につながればと思って実施しております。
さて、2回目のミーティングの後は、14時20分より2回目の走行が始まりました。
H2クラス2回目の走行と同時刻15時よりゲストの上田 昇氏と中野 真矢氏によるゲストレクチャーを、2階ミーティングルームにて開催致しました。走行時間中のレクチャーでしたが、走行の空き時間に沢山の方にご参加頂きました。こんなに近い距離でゲストと接する機会はなかなかないと思いますので、皆様のライディング技術や安全性向上の為のお役立てを頂ければと思います。
午後からの走行におきましては、一時中断が1件ありましたが、17時をもちまして、DUNLOPサーキットステーションを無事終了する事が出来ました。
鈴鹿サーキットでの開催は、本年は1回のみとなりましたが、また来年も魅力溢れるDUNLOPサーキットステーションにするべく、かつ皆様の安全を最優先に考えたイベントになるよう、少しでも前進して参ります。
これからも皆様のDUNLOPへのご声援、何卒よろしくお願い致します。

Photo Gallery


サーキットステーション 2018 Event Listイベント一覧

お探しの記事は見つかりませんでした。